トップハンドルバッグ CIRCLE
new
5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a 5d56b17d66d86c70c0c85e7a

トップハンドルバッグ CIRCLE

¥52,920 税込

送料についてはこちら

本体価格:49,000円 【デザイン】 洋服にも合わせやすいトップハンドルバッグの登場です! 美しくしっかりしたジャガード織はスペインのインテリアファブリック。サークル(輪)柄はシャンパンの泡に見立ててパーティーで持ったり、水紋や渦巻きにも見えるので雨の日に持ってもオシャレです。(撥水ではありませんが水濡れに強い生地です)季節を問わず、どんな着物にも合わせやすいので一つあると重宝します。 ジャガード織りとは、模様が立体的に見えるような織り方で作られた生地で、フランスの発明家ジョゼフ・マリー・ジャカールが開発した「ジャカード織機」で作られることから、この名前が付いています。昔は絵が浮き上がるような織物を作る際、2人で糸を上下させながら製作していましたが、ジャカード織機の発明によって1人でも織れるようになり、広く普及していきました。正しくは「ジャカード織り」ですが、発音のしやすさから、「カ」が濁って「ジャガード」と呼ばれるようになったようです。 京都の西陣と言えば帯の産地として着物好きなら誰でも知るところですが、日本で最初にこのジャガード織を導入したのも、なんとこの西陣なのです。1872年(明治5年)に京都府が西陣機業関係者3名をフランスのリヨンに派遣して技術を学ばせ、帰国時に機械を持ち帰らせ、その後日本でも広く普及していきました。 「伝統」と呼ばれる世界でも実は外国から渡ってきたものがあったりするものです。着物の世界でも消え行く技術がたくさんあり、とても悲しいですが、嘆くばかりでなく先人達のように新しいものを柔軟に取り入れ、新たな伝統を創っていくのがこれからの着物の楽しみ方かもしれません。 (※西陣には伝統工芸品の西陣織をはじめ、たくさんの技術がありジャガード織はその一部です) 製作は1点1点、職人さんによる手作りで丁寧に仕上げられています。 外側には大きなポケットが一つ、内側にもオープンポケットが二つ付いています。汚れや傷が付きにくいよう底鋲付きで、使い勝手にもこだわりました。 ※日本製 ※グレー無地化粧箱入り ※裁断によって柄の出方に個体差がございます。予めご了承ください。 【素材】 ポリエステル81% 綿18% その他1%(西) 【サイズ】 横(下:約29cm 上:27.5cm) 高さ約14cm マチ(下:約9cm 上:5cm)